エッジキックはオーソドックスな平泳ぎの足の蹴り

平泳ぎは、クロールや背泳ぎのキックとは異なる特徴のキックによって推進力を得ています。足で水をキャッチする方法には大きく分けると、エッジとウィップの2種類があり、主流となっているのはウィップキックです。

ルールで定められた基本的なフォームは左右対称に行うこととなっているため、同時に足を引き寄せて蹴り出すという動作を繰り返すのです。平泳ぎのルール上ではどちらを利用して泳いでも問題はありませんが、ウィップの方がよりスピードが出るので競泳選手のほとんどが利用しています。

エッジキックとはオーソドックスな平泳ぎの脚使いで、両足で水を挟むことによって推進力を得ることができます。脚を肩の幅に広げた状態から外側に蹴り出し、伸びた脚を閉じる時に水をキャッチし、曲げて、蹴って、伸ばすという3拍子で泳ぎます。

初心者には平泳ぎは手と足を大きく広げて泳ぐイメージが強くあることから利用者は多いのですが、膝を曲げすぎると水の抵抗を受けやすくなりスピードが出にくくなるため、曲げる角度によってタイムに差が出てしまうことがあるでしょう。

一方の主流となっているウィップキックの特徴は脚の幅を拡げないのが特徴で、こぶしひとつ分程度開いた位置から、膝を引き寄せて左右対称に弧を描くようにラグビーボールをイメージしながらキックします。

曲げて、蹴るという2拍子で継続して足の蹴りだしを実施することで前に進むことができます。水をキャッチするときには足の裏を使い、最終的にはつま先がついて足が一直線になるのが正しいフォームです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ