アクアフラダンスは水中で行うエクササイズ

スポーツクラブなどで人気のあるエクササイズのひとつにフラダンスがありますが、水中で行うメニューとして提供しているクラブもあります。アクアフラダンスと言い、フラのしなやかな動きを行いつつ、エクササイズで全身運動をするプログラムです。

水圧を受けながら下半身のトレーニングを行い、フラの特徴的である手の動きでは末梢神経を刺激するので脳の活性化の効果も得られます。

具体的な効果として、膝を少し曲げた姿勢で骨盤と腰椎を左右に動かす独特の基本動作「カオ」は、ウエストのクビレを作る効果があり、カオの動きをしながら左右に動くカホロには、体幹を鍛える効果や足の筋力を強化する効果があります。

下半身と体幹を強化することによって、背筋、バランス感覚の調整ができますので高齢者の寝たきりを招くと言われる病気のいわゆるロコモ予防にも効果があるでしょう。

また、手の動作は全ての指と手首、腕を動かすので、筋肉だけでなく神経筋伝達系に対しての刺激もするため、認知症の予防対策プログラムとして期待されています。
アクアフラダンスはハードな動きはなく、ゆったりとしたメロディーラインのハワイアンソングに合わせて行うエクササイズです。

そのため、年齢に関係なく実施できるので高齢者でも無理なく参加することができ、レッスン時間も30分程度のクラスが多いので、体に負担がかかることもありません。また、トレーニングという意識をすることなく心身共にリラックスできる環境で、体力の向上を目指すことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ