バレーレッグコンビネーションはシンクロの規定要素のひとつ

水泳競技の中でも、スピードを競わない種目がシンクロナイズドスイミングで、フリールーティンとテクニカルルーティンの演技の得点によって順位を競います。バレーレッグコンビネーションとは、デュエットかチームの演技のテクニカル部門で審査される規定演技の要素のひとつです。

そしてバレーレッグというのは、水面にまっすぐに仰向けになった状態から、片方の足を水面に対して垂直に伸ばすフォームを言います。他の動作から連動させる場合には、ベントニーのフォームから、太ももと膝の位置を固定したまま足の先を持ち上げた姿勢のことを指します。

そしてコンビネーションにするには、片足を上げる動作と両足を上げる動作を2種類以上組み合わせます。
シンクロナイズドスイミングは水深が3m以上あるプールが必要で、フリーもテクニカルも演技は音楽に合わせて行われます。

そして、ウインタースポーツで人気のフィギアスケートの舞台をプールに移して実施されるような、芸術性の高いスポーツです。シンクロには同調するという意味があり、演技するメンバー同士が音楽に合わせて息を合わせることができれば、心技体、音楽とテクニックと選手の動作をぴったりと重ねることができます。

また、演技の構成や演出の出来栄えは選手自身には確認することができませんので、プールサイドなど一段高いところから全体を見渡さなければなりません。そして特にフリーの演技では、高い技術ばかりでなく、見る人に感動を与えることができることも大切な要素です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ