タッチターンはストロークの回数を把握すると効率が良い

長い距離を泳ぐ時や競泳では、プールの壁面を使ってタッチターンをします。腕を伸ばしきった状態で行なえられれば最も効率が良いのですが、ストロークやキックの状況によっては肘が曲がってしまったり、あと少しで届かなかったりといった状態になることがあり、ターンにもたついてしまいます。

このような状態を回避するには、タッチ板の5m位前から調整をして、タイミングを整えるようにします。タッチターンは泳法によって方法が異なり、クロール、背泳ぎは片手、バタフライと平泳ぎは両手で実施します。例えばクロールの場合には、指先から徐々に肘を曲げながら手のひらをつけて、体重を手のひらに移動させます。

両ひざを抱きかかえるように引き寄せるとともに、頭を壁と反対側位置するようにして壁を押しながら両足で力強く壁を蹴って回転し、体の向きを変換します。回転をしたあとは、けのびの姿勢をとりフォームを整えて泳ぎを再開します。背泳ぎは、クロールを仰向けにした方法とほぼ同じです。

平泳ぎとバタフライは、ターンを両手で行うことが規則となっています。また、仮に片手で行ったとしても、フォームのバランスが崩れてしまいます。正しい方法は、両手を壁面に付け、膝を曲げて体を寄せながら呼吸をして反転し、次に両足で力強く壁を蹴りながら方向転換をして、泳ぎを再開します。

平泳ぎやバタフライにおいてもストロークの回数を把握しておくと、肘が曲がらずにタッチ板に届くことができて、タイムロスをすることなく効率の良いターンをすることができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ