バタフライの息継ぎ方法であるサイドブリージング

バタフライは水面から上体を引き上げる力強い泳ぎが特徴ですが、息継ぎの方法をサイドブリージングと呼んでいます。上位を起こしながら呼吸をしますが、上がり方が少ないと顔が水面から出ないこともあり、その場合には顎を上げた姿勢になってしまうことがあります。

上体を一直線に引き上げるのが美しいフォームで、ストロークやキックにも余分な負荷がかからず、スムーズな泳ぎを実現できます。しかし、呼吸のために顔を必要以上に上げすぎてしまうと、フォームが崩れてしまい下半身が沈みやすくなってしまいます。

つまり息継ぎをするときに顔を上げすぎなければよいのですが、呼吸をすることに意識が集中すると体のあちこちに余計な力が入ってしまい、無駄な動きとなってしまいます。基本的には平泳ぎの呼吸のタイミングと同じで、顔を水中に入れている時に、口と鼻から少しずつ息を排出し、ストロークと共に上半身が水面に出た時に呼吸をします。

この時のポイントは、口が水面ギリギリの位置になるまで顔をやや斜めにすることです。これによって顔を上げすぎることがなくなりますので、泳ぎのバランスが崩れにくくなります。バタフライは正しい泳ぎ方をマスターして、あごで水をかき分けることをイメージする呼吸をするタイミングがつかめられれば、楽に泳げるようになります。

全体のバランスを保った泳ぎができていれば楽に息継ぎをすることができるようになり、良い記録を出すこともできます。かつては顔を正面に上げるタイプが主流となっていましたが、トップアスリートの中にもサイドブリージングを取り入れている選手が増えています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ