スイムウエアは着用する場所や場面によって種類がある

水泳をするときには、専用のスイムウエアを着用します。ウエアには一般水泳用、ダイビング、レジャー、競技用など泳ぐ場所や場面によって適した素材や形があり、デザイン、素材などが工夫されています。特に競技に着用する場合には、水の抵抗などに配慮したタイプを選ぶことで、記録に反映されることもあります。

例えば趣味で水泳を楽しむ場合には、特にウエアのタイプに規定はありませんが、競技に参加する場合には、水泳連盟が公認をしている競泳用でなければ着用が認められていません。公認のポイントは、ボディをがっちりと包み込む機能が高いことで、伸縮性が低く密着度が高いという特徴があります。

このことによって水に対する抵抗力が少なくなり、スムーズな泳ぎをすることができるのですが、耐久性が低いという弱点があります。また、女子はワンピースで男性はパンツタイプが一般的ですが、特に男子用には特徴があり腰骨で履くタイプとなっています。

競技中に脱げたり、体に食い込んだりしない様に、体に合ったサイズを選ぶことも記録更新のためのポイントとなります。また、アクアエクササイズを行う場合には、競技用の水着では伸縮性が不足するため適していませんので、フィットネス用の伸縮性かあり、耐久性が高いタイプがふさわしいといえます。

女子用のフィットネス水着には、ワンピースだけでなく、セパレーツタイプもあります。着用してエクササイズをすることで、シェイプアップができる機能を持たせたものもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ