クイックターンはクロールと背泳ぎでの折り返しの方法

クロークや背泳ぎの折り返しの方法が、クイックターンです。細かい点を見れば複数の方法がありますが、最も基本的な方法は、プールの壁面に対して水平になった姿勢から行う方法です。

多くの場合、利き手で壁をタッチしないとやりにくいのですが、左右どちらで行っても違和感なく実行でき、体の裏表を逆にすれば背泳ぎにも応用することができます。
基本的に必要な練習は、けのびと回転です。まず、天井を見ながら両手を耳の脇に付けて反対側の壁に引っ張られるように意識をしながら壁を蹴る練習をします。

できるだけ体をタイトにすることで水の抵抗を少なくすることができ、推進力を阻害することがありません。けのびができれば回転の練習をします。最初から壁に向かって行うのではなく、ブイを利用すると感覚をつかみやすいです。

両手を伸ばしてブイを持った姿勢から、手をプールの底に向かって下げながら膝を引き寄せて回転します。ブイがなくても、水の中で前転ができるまで練習をします。バタ足で壁に近づき、タッチと同時に回転をして上向きか横向きにけのびをします。徐々にスピードアップをすると、実践でも成功できます。

背泳ぎから行う時には、クロールの時と体の裏表が逆になるだけで、大きな差はありません。練習方法は、けのびと回転を体で覚えることです。また、プールでのストロークを把握しておくことが大切です。近づきすぎるとターンがうまくできないので、何回でプールの端に到達するかを数えておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ