ウエーブストロークは上半身を上下に動かす平泳ぎ

競技で利用される代表的な泳法は4種類あり、その中のひとつにブレストストロークがあります。これは平泳ぎのことですが、名称にはもうひとつウエーブストロークという呼び方もあります。

平泳ぎには2つのタイプの泳ぎ方があり、ひとつは主流となっている上半身をフラットにするブレスト、そしてもうひとつがウェーブタイプで、水面の上と下を縫うようにして泳ぐのが特徴で、このタイプで競技に参加している選手もいますが、足の蹴りと合わせやすく体重移動も容易に行えることから、初心者に適した泳法と言えます。

また、息継ぎも2回に1回から1回ごとにするのが主流となり、ウエーブストロークはバタフライの上半身の動きをやや小さくしたようなイメージの泳ぎですから、上下の動きに合わせて呼吸をすることができれば、タイミングをとりやすいです。そしてリズムよく泳ぐことができれば、当然ながら早いタイムを出すこともできます。

ただし、競技会に出場する多くの選手は水面に対して頭を水没させないフラットな泳ぎが主流となってます。これは頭を出したまま、上半身の上下動をしない方法です。

手の前に出してかき出しをするのとタイミングを合わせて足の引き付けを開始して、胸元に手が戻る直前にキックをするのが特徴で、上半身がフラットな状態でも推進力に影響することはないので、ストロークとキックのタイミングを調整することによって理想的な泳ぎとなり、理論的にも技術的にも理想的な泳ぎ方であると考えられています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ