インターフェアとは故意に相手を妨害する行為のこと

スポーツ競技は正々堂々と実力で勝負することが重要で、アンフェアな方法を用いて勝利したとしても何の価値もありません。インターフェアとは勝負において 故意に不正な方法を用いて相手の妨害をすることです。

水泳に限定した場合には、コースロープに触れたり、乗り越えたりするのなどの方法を用いて他の選手の競技を妨害することを言います。違法と判断されれば失格になりますので、故意に不正をすることで得になることは何もありませんし、そのような行為に及ぶような選手はスポーツする資格がないとも言えます。

水泳競技はコースロープを張った範囲内を、決められた距離と泳法で泳ぎます。水泳のルールでは、コースロープに触れたり逸脱することは違法となっていますが、一流のスイマーであればコース内をまっすぐに泳ぐことができますので、ルール違反となるような行為につながるようなことはまずありません。

また、他の選手と相対する形式の競技ではありませんので、故意に競争相手に対して妨害をするこということは考えにくい行為です。
しかし、泳ぎを覚えたばかりの人の場合には、ルール的には違法となるような行為に及んでしまうこともあります。

例えば、背泳ぎは初心者のうちはまっすぐに泳ぐことが難しいので、l特にこの傾向が顕著です。公式な試合に出場する実力がつくころには、コースロープを外れるような泳ぎ方は改善されているのがほとんどで、特に心配することはありませんので、コースアウトを恐れて委縮しないことの方が大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ