アクアスロンとは長距離走と水泳で競う競技

鉄人レースはトライアスロンとも言い、オリンピックでは総距離51.5kmを水泳、自転車、長距離走の3種目で争いますが、アクアスロンは水泳と長距離走の2種目で競います。また、トライアスロンで使用される自転車は特殊なタイプのために非常に高価なので、比較的多くの人が参加しやすい競技と言えます。

また、トライアスロンと違い、水泳競技に利用されるのは海という限定はありませんし、距離の規定も特にありませんので、大会によっては気軽に参加することができる競技です。例えば、水泳はプール、川、海などでおこなわれ、プールの場合には反時計回りに周回コースが設定されて回数も大会によってまちまちです。

ウェアはトライアスロンと同様に、ウェットスーツを義務づけている大会がほとんどです。違反をすると失格になることもありますので、規定をしっかりと守ることが大切です。また、長距離走もロードとは限らず、運動場や競技場を利用して反時計回りに周回コースが設定されます。ラ

ンニングシューズは必ず着用で、ウェアは前が開かないタイプを着用としている大会が多いです。水泳と長距離走で良い成績を収めるためには、心肺機能や筋力を鍛えて体力を向上させることです。

特に足を使うことから、下半身の強化に力を入れることは必要ですが、上半身の筋力が不足すると上位で戦うことは難しくなります。そのため、全身をバランスよく鍛えなければなりません。最後まで離脱することなく完走するためには、例え総距離が短くても抜かりなく準備をすることです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ