ボビングはジャンプしながら行う息継ぎの練習方法

水泳が上達するためには、息継ぎの練習は欠かせません。ボビングとは水から顔を出して空気を吸う動作のことで、初心者が息継ぎの練習として効果的な方法の一つです。

具体的な動作としては、プールの中に立ってジャンプをしながら水の中と外に顔を出し入れするのですが、水の上に顔が出たときに息を吸い、水中で吐くという練習を繰り返すだけの簡単な方法です。

ボビングのポイントの一つは、鼻と口から少しずつ吐くようにすることです。水中で勢いよく一気に吐き出すのではなく、少しずつ排出できるように訓練しますが、全て排出しないようにします。この方法をパブリングといい、鼻と口から息を同時に出すことができると、水を吸い込む心配がなくなるとともに、空気を取り込みやすくなります。

そして、ジャンプをして水の上に顔が出たときには、さらに残っている空気を更に吐き出すとさらに肺に空気をためやすくなります。水中に顔を沈めて息を吐き、プールの底を蹴って水の上に顔が出た時に息を吸うという動作を、少しずつスピードを上げながら繰り返し行うことで息継ぎのコツがつかめるようになります。

泳法によって息継ぎの方法は異なりますが、肺に空気をためるには、まずは空っぽにすることが必要です。肺の中から空気が吐き出されると、意識をして空気を吸い込まなくても自然と息が溜まるようになっていますが、特に初心者は頭ではわかっていても実践するには訓練が必要です。習得のためには、段階を踏んで練習をすると効果的です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ