遠くに飛べるパイクスタートという飛び込み方法

競泳では、背泳ぎ以外はスタート台から飛び込んで泳ぎ始めます。パイクスタートはその方法のひとつで、スタート台の全面にある縁を軽く握って構えた姿勢から、体をへの字にしてコース上に飛び上がり、腕を前に振り下ろして飛び込む方法です。

この時、水面に指が入った位置から体全体を滑り込ませるように出ると、水の抵抗を最小限にすることができ、体への負担も少なくなります。
この他に、飛び込む時の体重の移動方法の違いから、グラブ又はクラウチングという形式の飛び込みの方法もあります。

グラブ形式はコース内のより遠くで入水することが可能な方法で、足の指でしっかりと構えることが大切となります。ただ、足に意識を集中させると飛出しでまごついてしまうこともあるため、同時に両手でしっかりと押し出すようにすると成功できます。

クラウチング形式は、足を前後に開いて準備をする方法で体重の移動がしやすいという特徴があります。体を安定させやすいのでフライングをする確率が低く、初心者には向いている方法ですが、足が前後に開いていることから入水時に足を揃えるのが難しく、入水ポイントを遠くにすることは難しいです。

大会によってはクラウチングタイプに対応したスタート台が用意されていますので、足の押し出しが簡単にできます。
水泳での飛び込みには、いったん静止をしなればならないケースと、静止をしなくてもよいケースがあります。

個人競技においては必ず静止が必要で、リレーなどの団体競技での中継ぎにおいては静止しなくても問題がありません。全ての飛び込み方法は、どちらのケースにも対応できます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ