インスイープは推進力を得るために大切な手の動かし方

インスイープとは泳ぐ時の手の動きのことで、泳法によって手の動きには特徴があります。水の中を泳ぐには、足の蹴りによって推進力を得て、手で水をキャッチします。足だけ、手だけでも水の中を進むことはできますが、両方の正しい動きを実行することで、体に負担をかけることなく効率の良い動きができるようになります。

利用度の高い泳法のうちクロールでは、水を胸の下に引き寄せる動作を言います。まず、水面から肘を上げて水をキャッチする準備をします。次に肘の位置を変えない様にして脇をあけて、腕と手で水を胸の下に引き寄せます。

手のひらはやや内側で水面をとらえた後は、プールの底に平行になるようにいれ、水を前から胸を通って後ろに押し流すようにイメージをすると、推進力となります。しっかりと水をつかまなければ前に進むことができませんし、腕が伸びていても、肘が曲がりすぎていても効率が悪くなってしまいます。

また、体が左右にローリングしたりバウンドせず、体幹をまっすぐに維持したまま泳ぐように姿勢に注意することも大切です。平泳ぎの場合も、正しい手の動きで水をかき寄せることで効率的な推進力を得ることができます。平泳ぎの場合には腕の動作が少し複雑になりますが、正しく動きを理解することが出れば早く泳げるようになります。

平泳ぎは、腕と脚を縮めたり伸ばしたりして推進力を得る方法で、アウトスイープして腕をのばしたときには手のひらは外側を向いています。これがインスイープのスタートポイントで、脇を締めて肘を曲げて水を抱え込む距離が長いほど推進力を得ることができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ