平泳ぎのウィップキックの特徴と方法について

平泳ぎはかえるのように泳ぐことが特徴的で、両手と両足で水をかき分けることで前に進むことができると考えられがちですが、実際には水をかき分けるのではなく挟み込むことで推進力を得ることができます。

平泳ぎには両足を左右対称に同時に動かさなければならないというルールがあり、足の蹴り方にはエッジキックとウィップキックと2種類の方法があります。

選手が優秀な成績を収めるためには、できるだけ早いタイムで泳がなければなりませんが、2種類のうちウィップキックの方が推進力を得やすく好タイムを出しやすい方法です。

ウィップキックの特徴は膝の幅をあまり拡げないのが特徴で、膝を曲げて蹴り出しますが、この時の垂直の動きはできるだけ最小限にとどめ、体の中心に向かってだ円形に動くように足を動かし、蹴り止めではつま先が合わさるようにします。

膝の幅が狭いことで推進力に不安を感じるかもしれませんが、引き寄せて、縦方向にやわらかくしなるように連続して2拍子で動かすことでより前に進みやすくなることから、平泳ぎの主流の泳法として利用されているとともに指導も行われています。正しい泳法をしていても早く泳げない場合は、膝が立っている可能性があります。

もう一方のエッジキックは膝を引きよせた状態から膝を肩幅に外側に拡げて蹴りだし、両足に水をはさむようにしてつま先を揃えることで前に進むことができます。この場合のリズムは引き寄せて、開いて、閉じるを繰り返しますので3拍子となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ