エージグループスイミングは選手育成のシステム

年齢別に水泳選手を育成するシステムのことをエージグループスイミングと言い、日本では年齢別の競技会の名称として使用されているケースがほとんどです。アメリカでは一流のスイマーを育成するスクールのことを言い、約23メートルをクロールで泳げることが入会資格となっています。

スクールは寄宿舎付きの私立校としての役割もあり、6歳から18歳くらいまでの生徒が在学していますし、中には留学生もいます。その他、スイミングスクールに通う大学生や一般のアスリートもトレーニングのために利用しています。

指導は6歳から12歳までは1歳ごと、その他は13歳以上の中学生、15歳以上のシニアと年齢別に行われ、シニアになると実力ごとにクラス分けされるのも特徴です。さらに、夏場は世界中から実力を磨くために合宿に来るスイマーの受け入れも多数行っています。

年齢別のうち6歳から10歳くらいまではタイムに固執せずに、まずは泳げるようにすることが主な目的となっていますが、12歳位のグループになると選手として活躍することもが増え始め、次第にアストリートとしての指導が行われるようになります。シニアグループの選手には個別の練習メニューを立て、食事や筋トレなどの指導も加わります。

指導者にも一流の布陣を敷いていて、選手が国際大会での活躍を目指すために多くのオリンピックのメダリストなどがコーチをしています。また、夏季の合宿で人数が増える時期には、コーチを臨時に増員し対応にあたっています。他にも、大学進学のために水泳で奨学金の取得を目指す選手に対して、きめ細かい指導も行われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ