アクセントキックを取り入れると推進力が増す

水泳は手のかきと足の蹴りによって推進力を得ることができますが、足は交互に動かす蹴り上げと蹴り下しによって最も有効なエネルギーを得ることができ、この動作をアクセントキック又はパワーキックと呼びます。そして泳法ではクロールと背泳ぎが、このタイプの足の蹴りを利用しています。

キックのタイミングには6ビート、4ビート、2ビートなどがあります。ストロークを1サイクルする間に足のキックをする回数のことですが、蹴り強さを均一にすると泳ぎやすくなる反面、太ももに水の抵抗がかかってしまいパワーが得られず、スピードを出すことができません。

また、蹴りを力強くすれば推進力は増しますが、全てを強く打ち続けるには限界があります。そのため1サイクルを6ビートのタイミングで泳ぐ場合に、4回の蹴りで水中でのバランスを維持することによって泳ぎに強弱をつけ、2回を力強く打つアクセントキックにすると効率よく推進力を増すことができます。

初心者の場合には、均一の強さでキックすることから始めて、少しずつ強弱をつけられるようにするとよいでしょう。スピードに乗れるようになるまではたくさんの練習が必要になりますが、ビートのタイミングを体で覚えることが出きれば、クロールで楽に泳げようになりますので、2ビートの効率の良さが実感できます。

そして楽に泳げるコツがつかめれば、長い距離の練習も苦でなくなり体力がつき、体にパワーが付けばタイムアップにもつながりますので、練習が楽しくなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:スイミング

このページの先頭へ