クエン酸配合アイテムでランニングの疲れを上手に解消しよう

ランニングの定番栄養素といえばアミノ酸のイメージが強いですが、合わせて摂取したいのがクエン酸です。クエン酸は私たちのエネルギー元である糖質、脂質が燃焼される際に発生してしまった乳酸などの酸化物を上手に燃焼してくれる成分です。

もしもこれらを放っておくと、疲労物質として体の中に蓄積されてしまうため疲労が残ることになります。上手にクエン酸配合アイテムなどを使用してこれらを燃焼させることによって疲れが溜まりにくくなるだけでなく、肩こりや腰痛などにも良い効果が出ることがわかっています。

クエン酸といえば梅干やレモンなどすっぱい食べ物に多く含まれていることで有名です。またお酢にもたくさん含まれています。これらをレースやランニングトレーニングの前後に口にすれば疲れが抜けやすく、次のトレーニングを行えます。ランニングに限らず運動をした時には積極的に摂取していきたいものです。

とはいえ、すっぱい物が苦手な方もいます。そのような方はクエン酸配合のスポーツドリンクやサプリメントを上手に活用していきましょう。これらは比較的誰でも美味しく飲めるように調整してあります。また、梅干やレモンから摂取するよりも効率よく取り入れられるのでおすすめです。

また、疲労回復効果だけでなく「キレート効果」もあるとされています。これは鉄分やカルシウム、マグネシウムといったミネラルの吸収率を高める現象です。これらは健康的な体を作る上で欠かせませんが、あまり吸収率が良くないのでクエン酸とセットで取るようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ