ランニング用バックパックは目的に合わせて選ぼう

ランニング用のバックパックはレースでの活躍はもちろん、普段からのトレーニングの幅を大きく広げるのに有効です。例えばしっかりと水分補給をしたい、通勤でのトレーニングに役立てたい、といった場面で活用されることが多いです。

バックパックは大きく分けると4つのタイプに分かれます。まずひとつがベスト型です。こちらはあまり収納スペースは無いもののベストにペットボトルホルダーなどが用意されており、さらに携帯電話やMP3プレーヤーを収納できるポケットが用意されていることが多いです。身体にきちんとフィットさせるためほとんどずれる事がなく、かなり快適に走れます。

次に中型バッグです。こちらは一般的に言われるセカンドバッグ程度のサイズ・容量となっており、あまり多くは入らないものの替えの下着くらいは収納できます。

さらに大きなものになると、14リットル以上入る普通のリュックと変わらないほどの大きさのものもあります。もちろん体にフィットして揺れにくく、ランニングに適したデザインになっています。重さが気になるものの使用感はほとんど気にならないレベルだといって良いでしょう。通勤ランや長距離トレーニングを行う際に用意しておくと非常に便利です。

そして最後が大会用のバックパックです。泊まりがけのレースでも活躍できるサイズになっており、着替え、シューズなどかなりたくさんの荷物が入ります。もちろん通勤ランでもおすすめです。いずれにしても共通していることはできるだけ軽量であること、体にしっかりとフィットするものを選んでください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ