ランニングウェアのインナーは機能性を重視して選ぶべき

ランニングウェアはランナーがより快適に走るために必要不可欠なアイテムです。何も考えずにTシャツだけを着て走るのも良いのですが、インナーにも意識を向けてみましょう。主な役割として吸水性、速乾性、通気性が挙げられます。

まず最初に汗を吸収する役割についてですが、こちらはいつまでも汗が残っていると不快感が出ます。次に速乾性についてですが、こちらは汗によって体温がどんどん低下して低体温症や筋肉のパフォーマンスの低下を防ぐのに必要不可欠です。

また、いつまでも熱がこもってしまうとそれもパフォーマンスの低下に繋がるため、通気性の良さにもこだわるようにしましょう。インナーには主に綿でできているものと、ポリエステルでできているものがあります。

また、商品によっては綿とポリエステルがまざっているものもあります。綿は吸水性に優れており、適度に熱を残すことができるので冬場など寒いときに良いと言われています。また肌触りも良く、私たちの肌になじみやすいのも特徴だと言えるでしょう。

一方のポリエステルはサラサラとした線維です。最大の特徴は速乾性にあります。汗をすぐに蒸発させてくれるため、低体温症を予防するのに効果的です。以前までであれば吸水性に問題が合ったのですが、現在は技術の進歩によって吸水性と速乾性を両立できています。

これらのほかにもランナー向けのインナーにはUVカット機能が搭載されていたり、防臭加工、抗菌加工がされているものも販売されています。素材や機能性にこだわりながら自分にぴったりの快適なアイテムを探していきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ