機能性を重視して開発、販売されているデサントのランニングシューズ

デサントは日本のスポーツウェアの専門メーカーであり、ランニング用のウェアやシューズの開発、製造、販売も手掛けています。ランナーの走り方やレベルにあせて、4つのタイプから靴を選ぶシリーズが人気を集めています。

裸足の感覚で走ることができるナチュラルランニングをコンセプトに掲げ、シューズが本来持っているクッション性やサポート力の機能をできるだけ抑えて、より軽量になるように開発されています。

クッション性が少ない靴をいきなり履いてしまうと、足にかかる衝撃によってトラブルを起こしてしまうケースが多いです。そのため爪先とかかとの間に4段階の高低差を設けることで、走り方やレベルにあった商品を選ぶことができるでしょう。

4段階の高低差は3mmの差であり、徐々にソールの厚みをなくしてしくことで、衝撃を和らげてスピードアップにつなげてくれるでしょう。またデザントでは、シーソーのような構造が特徴的なソールを配置したシューズも発売しています。このソールは体重移動をスムーズにしてくれ、前に走りやすいデザインになっています。

力学的エネルギーを流動させることで、運動エネルギーの流れを止めずに、効率よくスムーズに体を動かすことができるでしょう。デザントのランニングシューズはデザイン重視ではなく、機能性を意識して開発されたものが多く、クッション性にこだわる人、スピードアップしたい人など、それぞれの要望に合わせたチョイスをするとよいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ