ソックスが原因でランニング中の足のトラブルが起こることがある

長時間ジョギングしたりランニングしたりすると、足は疲れマメができて痛く感じてしまうこともあるでしょう。またハーフマラソンを走った後に、爪が変色していたというケースも少なくありません。それほど走るということは足に負担がかかってしまうのです。

ランニングにおける足のトラブルは、靴が原因と考えられる場合が多いのですが、意外なことにソックスもその要因の1つになっているのです。ソックスは直接足に触れるものであり、脚力をシューズに伝える役割があるため非常に重要になります。自分にあったものを履いておかないと、スピードをアップさせることはできないでしょう。

ソックスを選ぶポイントとしては、きちんと足のサイズにあっていることと、厚みがありすぎたり、薄すぎたりするものは足への衝撃を感じやすくなってしまうと言われています。

サイズは爪先部分に多少ゆとりがあって、貯時間走っても痛くないようにすることが大切です。ランニング初心者は、厚めの靴下からスタートしていき、徐々に上手くなるにつれて、試合やレースなどに参加する場合には薄手の靴下の方がおすすめです。

最近では超立体型の靴下というものも販売しており、つま先部分は親指側、小指側の長さ、太さに合わせて編み上げて、足首が自立するような特殊な方法で作られているものもあります。爪先の形には、レギュラータイウと5本指タイプがあります。5本指タイプは、指で地面をしっかりととらえて蹴り込むことができるのでおすすめです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ