アームガードとは温度調節や紫外線予防のために着用するランニング用アイテム

アームガードとはアームカバーのことであり、暑い時や寒い時など体温調節をしやすいアイテムになります。秋口にかけて半袖で走るのはさすがに寒いと感じた時には、半袖にアームガードをつけると1枚着たことと同じになるので保温性に優れます。

また暑い時期に気になるのが日焼けです。夏にランニングをしているとちょっと走っただけでもすぐに紫外線を浴びて日焼けしてしますのです。日焼けがひどいとヒリヒリしたり、ムダに体力を失われたりするので、ランニング中はできるだけ日焼けしないようにするとよいでしょう。

日焼け止めを塗るのも1つの方法ではありますが、日焼け止めは汗と一緒に流れてしまうことがあるので、せっかく塗っても効果を発揮できないケースがあるのです。そこで暑くてもアームカバーをしておけば、日焼けしてしまうこともありませんし、暑くなったら半袖にすることもできるのです。

アームガードの素材として重要なのが、熱を吸収しやすく、通気性のよいものがよいです。汗をかいた時に吸水しなければならないので、吸水性に優れたものを購入しましょう。夏につけると、汗をかいて蒸れてしまうので、しんどく感じてしまうこともありますが、通気性をよいものにして、空気の通り道を作ってあげると、べたつき感や窮屈さを感じることはないでしょう。

また商品によっては肘の内側部分を守るためのクッションのような厚み素材が入っているので、安全性にもばっちりです。さらに商品によっては、クール効果が期待できるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ