ランニング中は、紫外線防止、熱のダメージ防止のためにキャップ着用は必須である

日中にランニングをする場合には、キャップは欠かせない必須アイテムと言えるでしょう。頭部を日差しから守るために重要になります。直射日光を浴びてしまうと、熱が蓄積してしまって頭部にダメージを受けたり、熱中症を起こしてしまったりすることもあるでしょう。頭部のダメージを軽減して、さらに紫外線もカットすることができます。

また雨が降っている時には、はっ水性を備えたものをかぶっていれば、雨でも快適に走ることができますし、反射剤を使用しているものであれば、夜間の視認性が高まるでしょう。

ランニング中にキャップをかぶることは非常に重要なのでウエア選びの時には帽子もセットで購入するようにしましょう。はっ水性に関しては、はっ水機能素材を使用したものをかぶれば頭部がぬれるのを防ぐことができます。またツバが広めなものを着用すれば、顔にも雨がかかりにくくなるので、視界が妨げられることはないでしょう。

紫外線防止に関しては、ランニング中は日焼け止めを塗っていてもやはり直接日光を浴びてしまうので焼けてしまいます。特に髪の毛や頭皮などは日焼け止めを塗ることができないので、紫外線の影響を直接受けてしまうのです。

キャップ自体がUVカット素材でできているものであれば、紫外線防止効果もアップするでしょう。またツバの大きいものを被れば、顔への日射量も軽減できます。
また夜間トレーニングを行う場合には、再帰反射は重要です。ウエアで反射させるよりも、より高い位置である頭部を光らせた方がより視認性が高まるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ