成長過程の小学生が履くジュニアシューズはゆとりをもったサイズ感選びが重要

ジュニアシューズとは、主に小学生が履くシューズのことを言います。大人と違って子供の足は発育途中ですので、すぐに大きさが変わります。また形もはっきりと決まっていないので、子供たちが窮屈に感じず、安心して履けるシューズを選んであげることが大切です。

ジュニアシューズの正しい選び方はいくつかあります。まずは足のサイズに関してですが、一般的につま先にゆとりのあるものを選んだ方がよいでしょう。成長の速さや使用頻度によってもサイズ選びは異なりますが、5mm程度の余裕はあった方が足に圧迫感をかけなくて済みます。

ただし選手として試合にでたり、本格的にスポーツで使用したりする場合にはぴったりサイズの方がよいと言われています。
またソールと呼ばれる靴底の厚みに関しては、ジュニア用であるのであれば普通~厚めのソールを選んだ方が間違いありません。

厚めのソールは重量が増しますが、クッション性がありしっかりと足を保護してくれるので安定性は抜群です。ジョギングシューズの定番と呼ばれており1足持っていて損はないでしょう。スピードを出すことには不向きと言われています。

普通の厚さの場合は反発性とクッション性を兼ね備えています。こちらはスタンダードなランニングシューズと言われていますので、まずは厚めのソールからはじめて、徐々になれてきたら普通の厚さのジュニアシューズに変えていくとよいでしょう。ソールが薄い靴は上級者用になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ