トレーニングシューズは足への衝撃を和らげるクッション機能が付いている

トレーニングシューズは、トレーニングする時に履くシューズであり、競技用のスピードを重視したものではなく、足の保護を目的として設計されているランニングシューズになります。保護がしっかりとしているので、足にかかる衝撃を吸収してくれ怪我をしにくくしてくれるのです。

またソール部分に厚みがあるので、クッション機能に優れており走っていても安定性があるでしょう。全体的にがっしりとした厚みのある作りで重量を感じるかもしれません。
ランニングはそれほど負担はかからないと考えている人がいますが、実際にはその衝撃は体重の何倍にも及ぶと言われています。

上級者になると筋力がしっかりと付いているので、体重以上の衝撃を受け止めることができるのですが、初心者の場合や一般的な趣味程度のランナーの場合には、この衝撃によって足に負担がかかって怪我をしてしまうことがあります。

ストレッチ不足やランニング時のフォームが悪いので故障してしまうと考えている人が多いのですが、実際には履いている靴がトラブルの原因になってしまっていることもあるのです。そのためランニングシューズの状態などは定期的にチェックする必要がありますし、専門の人に自分に合っているのかどうかを確認してもらった方がよいでしょう。

またトレーニングシューズは、1足を使い続けるよりも、2~3足をローテーションで使いまわした方がよいと言われています。またメーカーも違うところのものを使うことで、自分の足に最もフィットするシューズを探し出すことができるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ