市民マラソンとして人気急上昇中の愛媛マラソン

53回の歴史を誇る愛媛マラソンは愛媛県民に愛される親しみやすいマラソン大会になっています。種目は42.195km だけで、コースは愛媛県庁前をスタートして、一番町、中央2丁目と通り、国道196号線を通ります。次に北条バイパスを取って、県道339号に入り、北条文化の森公園で折り返して、城山公園でゴールとなります。

制限時間は6時間であり、コース途中に制限時間の関門を9カ所設置することになります。定員は10000人でアスリートエントリーは視覚審査通過者が先着3000名、一般エントリーが抽選で7000名となります。ゲストランナーには金メダリストでもある高橋尚子さんを招くこともあり、毎年大勢の人で、Qクリニックも開催する予定です。

このQクリニックでは、定員100名の人にランニング教室を実施してくれるのです。
ゆったりしたオレンジロードを走ることができますので、声援も聞きやすく高低差も少ないコースになりますのでマラソン初心者でも安心して走ることができるでしょう。市民マラソン化に伴って、公募で「湯ったりオレンジロード」の愛称も付けられています。

2010年の第48回の大会からは男女マラソンの登録している選手の部だけではなく、一般の部が設けられることになり、陸連登録をしていない人でも、抽選に応募して当たれば参加することができる市民マラソンタイプになったことでより多くの人から親しまれる大会になっています。また県外からこのマラソンのために来るという人も少なくありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ