安芸太田しわいマラソンは標高差854mの過酷なレース

安芸太田しわいマラソンは国内の数ある大会の中でもハードルの高さが自慢のタフなレースです。開催地は広島県の安芸太田町です。参加種目は88km、3km、そして一般からはエントリーできませんが100kmも用意されています。

安芸太田しわいマラソンの最大の特徴は、コース全体の標高差が854mにもおよぶ国内の大会の中でも圧倒的な難易度にあります。基本的にコースが山間部を駆け抜ける内容となっており、普段からランニングでトレーニングを行っているランナーでさえゴールできないこともあるほどです。

にもかかわらず、ランニング大会100撰にも選ばれるなど、多くのランナーから高い支持を受けているのも大きな特徴だと言えるでしょう。実際に参加した人たちの声を見てみると、内容がかなりきつくて心が折れそうだったけれど、無事にゴールできた時の感動や充実感は癖になる、という意見が圧倒的に多いです。

また、運営スタッフの対応の良さやエイドステーションの充実、さらには1kmごとの距離表示などランナーのためを思った大会作りに対してもよい評価が集まっています。参加賞として長袖Tシャツや地元産品の贈呈が行われており、思い出づくりのひとつとして参加する人たちも多いです。

もちろん、自分の実力を試すために、あるいはレベルアップを目指すために参加する方がほとんどです。エントリーについてはランネット、もしくは募集パンフレットからの申し込みになります。定員になり次第、締め切りとなるので早めに応募を済ませておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ