志摩ロードパーティハーフマラソンは伊勢志摩の自然を感じるレース

志摩ロードパーティハーフマラソンは「自然と地域の和」を重んじる志摩市が開催しているハーフマラソン大会です。初開催から2014年大会で10周年を迎え、年々知名度が上がり参加者も増えています。伊勢志摩と言えば暖かい気候と美しい景観に恵まれたレジャースポーツのメッカとしても有名です。

開催時期が春真っ盛りの4月なので美しい自然を楽しみながら気持ちよく走れるのも大きなポイントのひとつになります。
志摩ロードパーティハーフマラソンでは一気に100mの高低差を駆け抜けるなど、適度にアップダウンのあるコース内容になっています。

全体的に見るとフラットな部分もあり、ハードな部分もあるため自分の実力を見極めたり、トレーニングの一環として参加するのに最適なレースのひとつです。コースは伊勢志摩のシーサイドビューにこだわったコースが設定されていて潮風を感じながら走れます。用意されている参加種目はハーフ、10km、3km(計測ありと計測なし)、そして2kmの合計5種目になります。

それぞれの参加資格はハーフが15歳以上で制限時間は2時間50分、10kmが15歳以上制限時間1時間30分、3kmは小学生以上制限時間1時間、2kmは男女中学以上、小学生以上(車イス、視覚・知的発達・内部障がい者) 制限時間45分です。

非計測の3kmは仮装ランナーの参加も認められているので、楽しみたい方は参加してみてはいかがでしょうか。
エントリーについてはパンフレット、もしくは各駅や郵便局に設置されている申し込み用紙、あるいはランネットをはじめとしたネットからの申し込みを受付ています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ