大町アルプスマラソンは起伏に富んだレース

大町アルプスマラソンは大自然の中、アップ・ダウンに富んだコースが用意されている大会です。一般的なマラソン大会ではフラットなコース作りに力を入れていますが、大町アルプスマラソンでは起伏の多いコースを採用することでランナーのレベルアップ、さらには実力の確認に最適な内容となっています。

用意されているのはフルの42.195キロ(公認)、ハーフ(公認)、10km(公認)、3km、3kmペアの5種目です。それぞれの参加資格を見てみると、フルは高校生以上で制限時間が6時間10分、ハーフが高校生以上で3時間、10kmが高校生以上で2時間、3kmが小学生以上で30分、3kmペアは小中学生と高校生以上のペアで制限時間が30分となっています。

比較的制限時間が長く取られているので、初心者ランナーでも気軽に参加できます。
大町アルプスマラソンでは参加賞としてタオルの贈呈があるだけでなく、市民がまごころを込めて作ったリンゴや漬物などが振る舞われます。これらがランナーからの評価が高く、様々な口コミなどでよかったという意見が見受けられます。

エントリーはインターネットからの申し込みの場合はランネットから、ネット接続環境がない方はパンフレットと一緒に入っている振替用紙に必要事項を記入した上で申し込みするという流れになります。いずれも先着順になっており、定員になり次第募集が締め切られてしまうので早めの応募を心がけるようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ