チャレンジ富士五湖は日本一のウルトラマラソンレース

チャレンジ富士五湖は1991年から始まった歴史のあるウルトラマラソンレースです。112km、100km、72kmといずれも距離の長い超長距離のレースが用意されています。112キロの部はチャレンジ富士五湖の名の通り5つの湖をまわるコースが用意されており、100キロの部は参加者が最も多く富士山周辺をまわることができます。

72キロの部は100キロを走りきる自信がない方におすすめのコースとなります。多くの方は72キロから始めて、徐々にステップアップしていくというコースをとっているようです。チャレンジ富士五湖では大会の名物である「吉田のうどん」が振る舞われています。毎年現地で大会会長自らがゆでたうどんは絶品です。

また開催時期が春ということもあって、美しい富士山の景観を楽しみながら「富士桜」も楽しめます。大会ではユニークな点もいくつか用意されています。まず、比較的最近始まった面白い試みのひとつとして、大会ディレクターの好みに合わせて何を出すのか分らないエイドがあります。

塩分や糖分などランナーにとって必要不可欠なものが出るとは限りません。もちろん通常のエイドステーションもあり、これによって悪影響が出るという心配は無いので安心してください。

参加資格は大会当日満18歳以上の健康な方なら誰でも参加可能です。参加賞として大会記念オリジナルタオルの贈呈、そして制限時間内に完走できた人は完走メダルが贈呈されます。エントリーはランネット、もしくは郵便振替からの申し込みが可能です。先着順となるので早めに応募すると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ