三浦国際市民マラソンは健康増進のためのマラソン大会

三浦国際市民マラソンは「健康増進」をテーマにした大会です。JALホノルルマラソンの姉妹レースとしても有名で、毎年多くのランナーが参加しています。健康な方なら誰でも参加できるというのが最大の魅力で、他のレースでは当たり前のように設定されている条件が特に用意されていません。

老若男女問わず参加できる珍しいマラソン大会のひとつとしても有名です。
種目は5km、10kmとハーフマラソン、そして800メートルのキッズビーチランがあります。5kmは小学5年生以上、10kmとハーフマラソンは高校生以上、キッズビーチランは小学校1年から4年までが参加資格です。

参加者には全員記念品として特製Tシャツと「三浦の大根」が贈呈されています。また、制限時間内に完走することができた人には完走証を発行しています。
三浦国際市民マラソンのエントリーはインターネット上から行ってください。

ランネット、もしくはスポーツエントリーのいずれかから申し込みができます。先着順で定員が埋まっていくので、できるだけ早めに申し込みを済ませておくようにしましょう。
三浦国際市民マラソンではおまつり会場も設置されています。

特設ステージでは子供たちが喜ぶヒーローショーを行っていたり、クリエ三浦の乗馬体験も人気です。ランナーとして参加するのも楽しいですし、救護班などボランティアとして参加するのも人気が高いです。制限時間などもかなり緩めに設定されているので、初心者ランナーにもおすすめの大会だといえます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ