ランニング大会の途中でケガや体調不良があったらリタイアも視野に入れよう

ランニング大会は他のスポーツと比べると長丁場になりがちです。そのため、スタートする前は体調が良く、何の問題もなかったにもかかわらず走り始めてから足腰が痛くなったり、具合が悪くなる場合もあります。そのようなときは無理に競技を続けるのではなく、リタイアすることも視野に入れましょう。

リタイアには大きく分けて2種類があります。まずひとつは途中棄権(DNF)です。こちらは一般的なイメージで、レースの最中に何らかの理由によってゴールまで自力で走ることができないと判断された場合に行われます。選手自身はまだ続けられると思っていても、周りの人たちからストップがかかることも過去にはありました。

そしてもうひとつが出走棄権(DNS)です。これはランニング大会にエントリーしたものの、何らかの都合で出場を取り止めることを言います。事前にケガをしてしまったり、体調が思わしくなかったり、都合が悪くなったときなどに用いられています。

途中棄権する場合は何も言わずにレースから外れるのではなく、近くにいる係員にナンバーカード、名前を申し出るのがマナーです。もちろんまともに人と話せないほど、体調が崩れている場合などは無理をする必要はありません。そのような場合は近くにいる係員が近寄ってくれるので、リタイアする旨を伝えるようにしましょう。

途中棄権を判断を間違ってしまうと、場合によっては後まで引きずるような故障につながりかねません。これが原因でランナーズニーなどの障害が起こることもあります。引き際をきちんと見極めた上でレースに参加しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ