ランニングが楽しく続けられるのはランナーズハイによる影響が大きい

日頃からランニングをしている方たちなら、誰もが1度は「ランナーズハイ」という言葉を耳にしたことがあるでしょう。これは走っていると楽しく、気持ちが良くなる状態のことを言います。

具体的な引き起こされる要因については、複数のものが重なりあっていると考えられますが、最も大きい影響力を持っているのが脳内ホルモンのひとつ「エンドルフィン」が大量に分泌されることによって、多幸感が生まれるのではないかと考えられています。

ランニングというのは、他のスポーツと比べて長時間にわたって行う競技です。当然心肺に大きな負担がかかりますし、体力の消耗も激しいです。そこで私たちの体は肉体的な苦痛、精神的な苦痛を緩和させるためにエンドルフィンを分泌させます。これに幸せを感じる効果、楽しくなる効果が含まれているため生まれます。

普段からランニングをしている人は楽しくて仕方がない人がほとんどです。もちろん体を鍛える、ダイエットで行っている方も多いでしょうが、ある程度熟練した人はランナーズハイを目的としているケースも少なくありません。

エンドルフィンには若返り効果もあると言われています。年配の方でランニングが好きな人は多くが若々しい印象の人が多いですが、エンドルフィンによる効果ではないかと考えられています。

ランナーズハイは楽しくランニングを続ける上で、とても大事なファクターのひとつになりますが、これが原因でオーバーワークになってしまうこともあります。肉体的な苦痛を緩和させる働きがあるため、痛みや違和感に気づきにくい場合があります。そうならないためにも計画的なトレーニングを行いましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ