ランニング中に横腹痛が起きる原因と対策方法をチェックしよう

ランニングをしているとわき腹に痛みが起こる場合があります。これを「横腹痛」と言います。誰もが一度は経験したことがある痛みですが、原因や対処方法まで理解している方はあまり多くありません。ほとんどの方は放っておけば自然と治まると考えています。

横腹痛の原因はひとつではありません。例えば腸内にガスが溜まることで引き起こされているケースもあれば、ペースを上げすぎて消化器系に十分な血液がめぐらなくなって痙攣が起こる内臓虚血などが挙げられます。

腸内にガスが溜まるのを予防するためには、ランニング前日はできるだけガスが溜まらないような食事内容を心がけるようにすることが有効です。食物繊維を摂取しすぎたり、体質によって乳製品がガスを誘引するケースもあります。また、走る前に排便を済ませておくととても有効です。

内臓虚血は基本的にオーバーペースにならないようにすることである程度は予防できます。しかし体調が悪いと起こってしまう可能性があるので上手く調整しましょう。
万が一ランニングの最中に横腹痛が起こってしまった場合の対処方法ですが、ペースを落として呼吸を深めにすると改善されることが多いです。

酸素をたっぷりと体内に取り込んで、血液が循環しやすい程度のペースを保つと良いでしょう。お腹にガスが溜まってしまったときはお腹をさすってガスが出やすいようにするのがオススメです。なかなか痛みが引かない、痛みの程度が強すぎる場合は他の原因も考えられるので休憩したり、レースをリタイアすることも視野に入れましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ