ヤッソ800は急走と緩走を組み合わせたトレーニング方法

ヤッソ800は、ヤッソという人が考えたトレーニング方法であり、急走と緩走を同じ時間で走ることによって、持久力と瞬発力を強化することが出来ます。とくにマラソンでゆっくりと走ることしかせず、そのスピードになれている人には、このようなトレーニング方法は自分の能力を高めるのに最適です。

たとえば、フルマラソンの完走を4時間と目標にすると、急走800mと緩走400mをどちらも4分で走ります。これを10セット行います。目標を3時間にするなら、走る時間を3分にするのです。緩走のときは時間を余らせることが多いので、セット数が多くても比較的楽に取り組むことが出来ます。

これを1週間に1回でも10日に1回でも行うと、飛躍的に能力があがる可能性があります。ただしこれだけやってもあまり意味が無く、ロング走やペース走などの練習を行った上でやることに意味があります。

またプロの選手ならマラソンは2時間ほどで完走するので、ヤッソ800を行うと、走るタイムが2分になりますが、これはプロでも相当大変です。このためにあまりに完走時間の目標を短くしている人には向かない練習方法です。

このトレーニングによって循環器系が強化され、取り込む酸素量が多くなり、さらに、筋肉の代謝能力も改善されるので、乳酸のたまりにくい筋肉になります。何回も行っていれば、慣れてくるかもしれないので、距離を200mぐらい延ばして行ったり、セット数を変えて負荷を調節したりして、自分の体力などにあわせていくと良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ