マンモス大会は参加人数の多いマラソン大会

マラソン大会ではフルマラソンからハーフマラソンや何kmコースなど、様々な大会があり、有名なものから新しく出来たばかりのものなど様々です。しかし有名な大会になるとその参加人数は1万人以上となり、参加人数の多いとマンモス大会とも言われます。

人数が多いので、とても混雑していて苦労することも多いですが、そればかりではありません。参加人数が多いので、それだけ自分のペースを見つけて走りやすく、自分のペースにあう他のランナーを見つけるのも簡単です。

ゴール手前までは、常に自分の前後にランナーがいるような状態なので、1人で走ることが無く、それもまたペースを維持しやすい状況になります。ただしランナーが多いので、スタート前には事前にトイレに行った方がいいですが、トイレは長蛇の列になり、10分以上も待たされることもあります。

スタート地点には早めに行かないといけません。直前にスタート地点に行こうとすると、人混みでたどり着くのに時間がかかり、スタートでロスしてしまいます。また会場まで行くときには、その時点ですでに列が出来て混雑していることもあります。

日本での最大のマンモス大会は、東京マラソンでの3万6676人参加となっています。規模が大きくなって参加人数も多ければ多いほど、ランナーの困難もそれを乗り越えたときの喜びもひとしおとなり、またそれを支えるスタッフの数も多くなるのです。ただしこのような大会はやはり町ぐるみで支えがあってこそ、はじめて成り立つものと言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ