ベアフットは裸足で芝生の上を走るランニング

通常ランニングをするときは、シューズを履いて走りますが、足を踏み出すときに、かかとで着地してつま先で蹴るという一連の動作の中で、その衝撃が膝や腰に負担をかけています。しかし底の厚い靴だとその衝撃が緩和されて、走ることによる足腰への衝撃がわかりません。

クッション機能を靴に頼りすぎると、体のクッション機能が低下して故障にも繋がります。そこで最近注目されているのがベアフットランニングという走り方であり、これは靴を履かずに素足に近い感じで芝生の上を走るというものです。

これによって、かかとで着地したときの衝撃が体で十分に感じ取れ、体への衝撃が少なくなるような走り方をしようとするようになります。膝や足首を柔らかく使った走り方が出来るようになるのです。ただし、急に靴を脱いで走ると、衝撃が大きすぎて足腰を痛めます。

まずは膝の使い方などをマスターするためのウォーミングアップから始めましょう。具体的には、段差を利用して上り下りする、その場でジャンプする、足の前部で着地する、などの方法を行ってみましょう。慣れてくると段々と素足で上手く走ることが出来るようになります。また素足と言っても足が汚れるので、靴下ぐらいは履いても良いでしょう。

この素足でのランニングによって、足手も膝を痛めなくなり、足裏が鍛えられてへん平足も治り、脚のむくみも解消も期待できます。スポーツ選手などでは飛躍的に記録が向上したという例もあります。慣れてきたらベアフット感覚の靴が売っているので、それを試してみるのも良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ