プロネーションはランニング時に足が内側に倒れ込むこと

人は走るときにはクセがあり、その走り方は人によっても様々です。着地時に関しても人によって違いがあり、足が地面に接地するときは内側に倒れ込むプロネーションという動きが見られます。これは誰にでもあることであり、少しの内側への倒れ込みなら通常の走りの動作には影響はありません。

ランナーなどの靴の底を見るとかかとの外側が磨り減っており、この動作のためにそのようになっています。しかし、O脚の人や、走るときに1本のライン上を走ることを意識しすぎたりしていると、オーバープロネーションという内側に足首が倒れ込み過ぎるようになります。

靴の底をみるとかかとの外側が激しく磨り減っており、ひざやすねを故障させる危険があるので、ランニングフォームを改善するべきでしょう。ただし一度身についた走り方はなかなか修正するのは難しいので、インナーソールなどを使用するのも一つの方法です。逆に足首が外側に倒れ込むアンダープロネーションの人もいます。

これはごくまれにしか存在しませんが、靴の底をみるとかかとの内側が激しく磨り減っています。また靴底が磨り減っていれば怪我を引き起こす原因にもなるのです。

このように走るときはほとんどの人が、足首が内側か外側に倒れ込んでいる場合がほとんどですが、理想的なのはどちらにも倒れ込まない走り方が理想であり、これだと足に負担がかからずに、疲労も少ないです。重心移動も効率よく行え、スピードを落とさず一定速度を保った走りができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ