プラトーは筋肉が付きにくくなる一時的な停滞時期

プラトーは筋肉が一時的に付きにくくなる時期のことをいい、もともとは高原や大地という意味の英語が元です。人はトレーニングを行っていくと、最初は技術がどんどん向上し、筋肉もつきますが、ある期間になるとそれが停滞するときが来てしまいます。その時期のことを意味しているのです。

たとえどんなアスリートでも才能のある人でも、これは避けては通ることは出来ず、一つの技術を習得するためには、意識する、しないに関係せず、進歩が止まるプラトーの期間があるのです。これはブライアントハーターという心理学者によって発見されました。

目に見えるようにグラフにして筋肉や技術の向上を表わすと、右肩上がりに順調に登っていくのではなく、ある段階に達するとそれが止まってしまうのです。この時期を乗り越えることさえ出来れば、またどんどん右肩上がりに向上していくのです。

これは言い換えれば、スランプの時期であり、次の躍進のための充電時期といったところです。この時期になる原因は、やる気の低下や学習方法の失敗や慣れなどがあります。

プロの世界へ踏み入れたルーキーでも、いつのまにか消えてしまう選手もいますが、ほとんどがスランプから抜け出せなくなってしまったのが原因です。このように停滞時期に入ってしまったら、じっくり休んで次の躍進の機会をうかがうべきでしょう。むやみやたらと、そこでもがいてしまっては、ただ単に体力と気力を浪費して、無駄な時間を過ごしてしまうだけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ