フラット走法で足裏から着地してスムーズな走りになる

ランニングにおいては、足の着地はかかとからするのが基本とされていますが、最近ではフラット走法が注目されています。通常の着地動作はかかとから入っていきますが、フラット走法は着地したときは足裏全体で行い、その後は親指で地面を蹴り上げて走る動作に入るのです。

ここで、足裏全体で蹴り上げると、ばたばたとした格好悪い走りになるので注意が必要です。フラット走法は重心が真下にきて、かかとからの着地に比べても動作のロスも少なく、ブレーキが掛かりにくいので、走りやすいと言われています。膝と足首はあまり曲げずに行い、股の関節を動かし、大たい部をスイングさせて推進する感じで走ります。

この動作で走ることによって、上体は上下に動かず、動作のロスも少なく、動きを最小限にエネルギー消費を抑えて、スピードのある走りが出来るのです。
この走り方を行うなら大たい部が重要になってくるので、ハムストリングスの強化を行う必要があります。

通常の自然な走りは、かかとから着地してそのまま親指付近で地面を蹴るのが自然であり、人の体の構造からいってもこれが多くの人の走るスタイルです。しかしこの走法を身につけようとすれば、今までの走るスタイルを変えることになり、着地方法を無理に変えると自分のフォームがバラバラになり、かえってスピードが遅くなるおそれもあります。

またこの走法をマスターするには大変難しいので、無理に取り入れると逆に走るスピードが遅くなる場合もあるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ