大会に合わせて上手なピーキングをするコツ

マラソン大会などに参加する場合、当日に最高のコンディションで臨みたいものです。このコンディションを合わせることを「ピーキング」と言います。プロのアスリートなら誰もが実践していることですが、アマチュアの場合だとなかなか調整するのが難しいです。そこで次のような点を意識してみましょう。

まずは食事です。普段は高タンパク質・低カロリーが基本となり、これによって余分な脂肪をつけずにしっかりと筋肉を鍛えられます。試合や大会が近づいてきたら、次第に炭水化物メインの食事に切り替えていきましょう。こうすることで体の中に即時エネルギーとなる糖をため込めます。

すると持久力・瞬発力アップが期待できます。また試合直前はおにぎりやパスタなど消化に優しい炭水化物を食べるようにしましょう。
次に体に疲れを残さないように調整するのも、大事なピーキングのテクニックです。大会や試合が近づいてくると不安を打ち消すように練習したいと誰しも思うでしょう。

しかしこれまでの積み重ねを信じて、思い切って体を休ませることも重要です。特に筋肉や関節に溜まった疲労は1晩で抜けるものではありません。最初の内はしっかりと体を鍛えあげるための練習をメインにし、当日に近づくにつれて短期集中型のメニューに切り替えていきます。できれば2、3日前には体を休ませる方向にシフトしたほうが良いでしょう。

そして最後に十分な睡眠を取ることです。ピーキングを意識する場合、大会の時間に合わせてベストな状態になる生活リズムを作っておく必要があります。すぐに調整できるものではないので早めに取り組みましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ