ヒールカウンターのある靴を選んで足への負荷を減らそう

ランニングは脂肪燃焼効果が高く、個人差はあるもののほとんどの方が比較的早くダイエット効果を実感できます。しかし慣れていない人だと体への負担が大きく、関節や筋肉を痛めてしまうことも珍しくありません。体自体が適応できていないことが原因のひとつなのですが、これは繰り返し走ることで徐々に改善されていくでしょう。

体への負担の原因のひとつに、自分に合っていない靴を履いていることが上げられます。負担を極力小さくするためには「ヒールカウンター」の入ったシューズを選ぶようにしましょう。日本語に直訳すると「かかと返し」です。つまり、シューズのかかとの部分にある足首を固定して、より走りやすくしてくれるパーツになります。

かかとを正しく支えることで、ランニングによる足首への衝撃を正しい方向に向けられるでしょう。また、シューズと足との一体感を高めることで、より走りやすさがアップするのも機能のひとつです。

お店に足を運ぶとランニング用、ジョギング用、ウォーキング用など様々なシューズが販売されています。デザイン性に優れたものから機能性を重視しているものまで千差万別ありますが、必ずヒールカウンターの有無と自分の足にフィットするかを確認して下さい。

最近ではヒールカウンターが入っていないものも多く、かかとの部分がふにゃふにゃで長時間ランニングをすると足首の関節を痛めてしまうものがあり注意が必要です。シューズのかかとの部分を指で押して反発するものを選びましょう。実際にお店でそのシューズを履いてみて、履き心地や一体感もチェックしてから購入することをおすすめします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ