ランニングダイエットでの疲労骨折に注意しよう

ダイエットの為にランニングを繰り返していると疲労骨折を起こしてしまう場合があります。これは同じ箇所に疲労やダメージが蓄積され続けることによって、骨折するというものです。打撲や外傷による骨折とは異なり、自覚症状が薄いことも多いため、ランニングをする人は常に頭の中に入れておくようにしましょう。

ランニングは基本的に長時間にわたって行います。また、人によっては毎日実践しているでしょう。ダイエットの為なら長期的に、かつ習慣化させることが大事です。しかしこれが原因で知らないうちに疲労が蓄積され続けてしまい、疲労骨折を起こす人が後を絶ちません。

チェック方法は、まず痛みがあるかを確認しましょう。特定の部位がいつも痛い、ランニングを始めると痛みが出る場合は要注意です。明らかに腫れていたり、熱を持っている場合はもちろん、少しでも違和感を感じるなら早めに医師に相談しましょう。レントゲンでないとなかなか分からないのも特徴のひとつとなります。

ダイエットランニングによる疲労骨折を防ぐためにいくつかの方法を取り入れてみましょう。まずひとつはシューズ選びです。必ず自分の足にぴったりのものを選びます。最近では柔軟性に優れ、なおかつ衝撃吸収性にこだわっているシューズが多く販売されています。

また、きちんとアフターケアしてあげることも重要です。アイシングやマッサージ、ストレッチを軽視している人も多いですが、これらはとても大事なことです。ランニングとセットで行う習慣作りを目指しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ