非必須アミノ酸はダイエットのために取り入れたい栄養素

ダイエットを成功させるためには、脂肪を燃焼させる有酸素運動と、基礎代謝を向上させる筋トレの両立が重要です。そこで適度な運動強度を持っていて、なおかつ有酸素運動であるランニングがダイエットの定番になっています。

ランニングでも十分筋肉を鍛えることができるのですが、ただ走っているだけではなかなか筋肉がつきません。そこでアミノ酸を摂取することをおすすめします。アミノ酸というのはタンパク質を構成している成分で、「非必須アミノ酸」「必須アミノ酸」の2つに分けられます。

必須アミノ酸は体内で合成することができないので、必ず食事から摂取しなくてはなりません。一方の非必須アミノ酸は体内で合成することができるため、特に意識しなくても良いとも言われています。しかし、体内で生成される分だけでは効率の良いダイエットを目指すのが難しいため、食事やサプリメントなどで積極的に摂取したほうが良いでしょう。

アラニン、グリシン、チロシン、セリンなど全部で11種類があり、中でもダイエットと深い関係があるのがアルギニンです。成長ホルモンやインシュリンなどの分泌を促進させる働きがあります。ランニングによって傷ついてしまった筋肉を修復するのは、成長ホルモンの働きです。

そのためアルギニンを摂取していれば筋肉痛になりにくく、さらに早く筋肉を鍛えることができるため基礎代謝の向上に繋がり、脂肪を燃焼しやすい体質に仕上げられます。
非必須アミノ酸はバランスよく摂取することで初めて効果を発揮するものが多いため、サプリメントなどトータルに取り入れられるものを探しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ