運動後の水分補給にハイポトニック飲料が向いている理由

ランニング中やランニング後に、疲れた身体を癒してくれるのはスポーツドリンクではないでしょうか。様々な種類の味があり、好き嫌いも千差万別ではありますが、せっかく飲むのであれば、疲労の回復につながる飲み物を選びたいところです。

このような目的を満たすために、素早く水分が体内に吸収されるように作られた飲料のことを、「ハイポトニック飲料」と呼びます。この飲料が他の飲み物よりも早く、水分を体液中に補給できるのには、「浸透圧」という力が関係しています。

これは濃度の異なった2種類の液体を隣り合わせに置いたときに、お互いに同じ濃さになろうとする力のことであり、具体的な作用としては、濃度の薄い液体から濃い液体へと、水が引っ張られるのです。

ハイポトニック飲料が体内に吸収されやすいのは、一般的な体液の濃度よりも、濃度を薄く設定しているからです。つまり、濃度の薄いこの飲料は、より濃度の濃い体液の側に引っ張られることによって、素早く体内に取り込まれるのです。しかし、濃さが薄いほうがすぐに吸収できるからといって、ただの水では効果が発揮されません。

確かに水は、胃から腸へすぐ到達し、吸収されるのですが、体液が急激に薄まってしまうことによって、体液の恒常性維持機能が作用し、摂取した水分の約半分が尿として排出されてしまうのです。よって、運動後にすぐに水分を吸収したい場合には、濃いスポーツドリンクでもなく、ただの水でもなく、ハイポトニック飲料がうってつけなのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ