ランニング中の熱中症を予防する3つの方法

近年、よくニュースで熱中症について取り上げられています。暑い中で、特に対策もせずに激しい運動をすることによって体調を崩したり、意識を失ったり、最悪の場合には死に至るというケースも発生しています。このような事態を防ぐためには、下記のような対策を取ることが効果的です。

1つ目は、適切な水分補給を実施することです。ポイントとしては、「喉が渇いた」と思う前に水分補給を行うことが挙げられます。喉が渇いたという段階では、すでに体内から大量の水分が失われているので、そこで初めて水分を取るのでは遅すぎるのです。余裕を持ち、早めの水分補給を心がけましょう。

また、スポーツドリンクを飲む場合には、必要な栄養素を体内に摂取しやすくするために、予め水で薄めておくとよいでしょう。2つ目は、帽子を被ることです。頭頂部や首筋に日光が直撃すると、体力を過度に消耗したり、必要以上の汗をかいてしまったりと、身体にとって悪影響を及ぼすことになります。

それを防ぐための手軽な手段が、キャップの着用です。最近では、通気性のみならずデザイン性にも優れた帽子がたくさん販売されているので、お気に入りのキャップを手に入れることができるでしょう。

3つ目は、なるべく涼しい時間帯に運動をすることです。また、どうしても暑い時間帯にしか運動ができない場合には、日陰などの涼しい場所を選ぶことです。暑さの厳しい環境で不用意に運動をすることは、熱中症の大きな原因となるのです。
上記の方法を参考にして、熱中症に気をつけながら、安全にランニングをしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ