銅を補給して赤血球の生成を促すとランニングに適した体質を作れる

ランニングに適した体を作るためには毎日のトレーニングが欠かせません。そしてこれに加えてバランスの良い栄養を補給することが大切です。ランナーにとって重要な栄養素はタンパク質やアミノ酸ばかりが注目されがちですが、ミネラルの一種である「銅」もまた意識的に採り入れたい栄養素になります。

銅は血液中の赤血球が作られるのをサポートしてくれます。もともと体の中に存在しているのですが、毎日の食生活のなかから取り入れないとすぐに不足してしまいます。欠乏症に陥ると十分な量の赤血球が作られなくなり、酸欠状態や貧血状態になりやすいです。

ランニングではいかに酸素を取り込み、全身に巡らせるかが重要なので普段の食事の中で意識的に銅を取り入れたいものです。またその他にも丈夫な骨の形成をサポートし、体の機能を維持するのに必要不可欠な酵素の生成にも深く関わっています。多く含んでいる食べ物はカキやスルメといった魚介類や、レバー、ナッツ、大豆、ココアが挙げられます。

これらのほかにも広い食品に含まれているので「1日30品目」を意識すれば十分な量を摂取できるのです。ランナーは体を作るためにタンパク質、アミノ酸を多めに食べた方が良いと言われていますが、肉類だけでなく大豆製品をはじめとした豆類からもタンパク質を取るようにすれば自然と補えます。

もしも栄養バランスの良い食事を毎日続けるのが難しい方はサプリメントで補うのも有効です。しかし過剰摂取すると消化器官に悪影響をおよぼして軟便、下痢、便秘、げっぷ、胃もたれ、胸焼けを起こす可能性があるので必ずサプリメントの用法・用量を守りましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ