ランニングは鉄を大量に消費するので普段の食事やサプリメントから補おう

ミネラルの一種である鉄は、私たちの血液から効率よく酸素を運ぶのに必要不可欠です。これが不足してしまうと酸欠状態、貧血状態に陥ってしまい、頭痛、目まい、腹痛、けん怠感などが現れます。

一般的な生活を送っている方でも食生活が乱れていると簡単に不足してしまいますが、ランニングをしている長距離ランナーは鉄不足に陥りやすいので注意が必要です。これは他のスポーツと比べて、酸素を全身にめぐらせ続けなくてはならないため消費量が激しく、結果として貧血を起こしやすくなるためです。

食事から効率よく摂取するためには、2つの鉄分を意識することが大切です。動物性のものと緑黄色野菜や豆類に多く含まれている植物性のものがあり、どちらも重要になります。十分な量を摂取できれば酸素運搬がスムーズに行きますし、またエネルギー生成に深い関係のある酵素を生成するのにも必要です。

ただし食事からは吸収率が10%から良くても15%程度なのであまり効率はよくありません。毎日の食事のなかから少しずつ意識的に取り入れていかないと、ランニングをしている人にとっては不足しがちになってしまいます。1日の摂取目安量は成人男性の場合が10mg、女性の場合は12mgです。

アスリートは1日20から30mgが目標とされています。しかし過剰に摂取してしまうとお腹が緩くなる、便秘になる可能性があるので40mg以上は摂取しないように注意しましょう。なかなか食事だけで十分な量を取り入れるのは難しいのでサプリメントなどで補うようにするのもおすすめです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ