冬場など極端に低い気温でのランニングは低体温症に気をつけよう

ランニングは基本的に外で行うことが多いです。そのため外気温に左右されやすいことを頭の中に入れておきましょう。夏場だと大量に汗をかくため熱中症のリスクに備えなくてはなりません。

では冬場はどうなのかというと、極端に低い温度の中でランニングを行うと体温が大幅に低下してしまう「低体温症」に陥る場合があるので注意が必要です。どうしてこのような症状になるのかというと、体内で生成される熱よりも放出される熱の方が多いと、体温はどんどん低下してしまいます。

35度以下になってしまうと体の様々な機能が低下し始め、そこから血圧が極端に下がります。さらに33度以下になると精神的な錯乱が引き起こされる場合があり、筋肉が硬直し始めて倒れこむこともあります。実際に真冬のレースやマラソン大会などで低体温症が起こるケースは珍しくなく、これが原因でケガをしてしまったり、故障したりするケースも多いです。

また山道や自然の中を走るトレイルランは、標高の高い山で行うことも多いですが、冬場は特に注意が必要となります。低体温症を予防するためには、服装に注意することが最も重要です。あまりにも通気性が良いウェアを選ぶと、体温が放出されやすいため危険性が増します。

しかし通気性が悪いものを選んでしまうと、熱がこもって思ったようなパフォーマンスを発揮できなくなることもあります。いろいろなウェアを試してみて、自分に最適なものを選ぶようにしましょう。また体を動かし続けて体温が下がらないように注意することも重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ