毎日の通勤ランニングでトレーニング量を増やしてレベルアップ

社会人にとってランニングトレーニングの時間を確保するのが一番の問題点です。しっかりと練習したいけれど、平日は仕事が遅くまで残っているためランニングに充てる時間がなく、さらに休日は仕事の疲れが残っているため、なかなかトレーニングする気になれない場合もあります。

そこでおすすめしたいのが「通勤ランニング」です。名前の通り通勤での移動をランニングに切り替えるというものです。自宅から会社に直接走っていくのも良いですし、あまりにも距離がある場合は駅までランニングする、あるいは通勤途中の駅であえて下車してそこから会社まで走っていくのも一つの方法でしょう。

トレーニング時間を確保できない社会人の方にとって、毎月の走行距離を伸ばすことができる、さらには通勤ラッシュが逃れることができるといった嬉しいメリットがあります。通勤ランニングを行う上で注意したいのが、仕事に支障が出ないようにしなくてはならないことでしょう。

特に距離がある場合は会社にたどり着く頃にはスタミナが残っておらず、仕事に悪影響が出てしまうようだと問題です。そのような場合は仕事の帰りにのみ、通勤ランニングを取り入れるといった工夫が大切でしょう。もちろんあまりにもハードなトレーニングは適していませんが、筋力を低下させない、心肺機能を維持したいときに非常に有効な手段です。

仕事柄スーツや革靴でなくてはならない方もいるでしょう。そのような方はバックパックに仕事着を入れて、走りやすい格好で通勤するのがおすすめです。まだ途中の水分補給も怠らないように注意しておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ